意識は量子か???

先日、おもしろい記事があった。

「輪廻転生が実在することが量子論で判明! 専門医「死後、あなたの意識は次の人の脳に張り付く」

>意識は肉体の死後も生き残り、次の宿主の意識として活動すると語っている。

「量子論の創始者であるマックス・プランクなど、一流の科学者は物質よりも意識が基本的であると語りました。つまり、意識は脳が生み出したのではないのです。脳や肉体の死後も意識は生き残り続けます」(タッカー博士)
「ですから、意識は前世の記憶を保ったまま、次の人の脳に張り付くのです」(中略)ついに現代科学も狭い殻を抜け出し、広大なオカルトの世界へ足を踏み入れる準備が整ってきたようだ。

 

 

一部賛成しかねるところを幾つか書く。

・死後、遺体から放出される量子としての意識は“一粒”なのか? 一粒なら誰か1人に輪廻転生するかもしれないが、量子は微細なだけにもっと多いのではないか。

・生命体の遺体から意識としての量子が放出されるということだが、人間に限らないのではと思う。つまり、虫や犬が死んでも同じことがあり得るし、植物にだって火を近づけると怖がる意識がある。これらの量子が人間にはりつくこともあるだろう。

 

などといろいろ思ったものの、上記にある通り、物質よりも意識が基本的であるというマックス・プランクと同じ内容は本サイトの本編にもある。詳しくは18章以降の箇所にある。

この世界に物質世界が出来る前段階として、各量子があり、その前段階に、各係数が絶妙なバランスで出来ているはずなのだ。それを推進する主体というものがもしあるなら、それこそ創造神に違いない。

ただ物質世界の大宇宙ができた後段階に生命が誕生した際、この創造神はすでにいなくなっており、代わりの主体として原始生命が現れ、植物、動物、そして人間に至っている。

 

だから人間の脳は宇宙の仕組みを知ることができる。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中