哲学と戦争

かつて、産業革命や名誉革命、エリザベス女王1世の聡明さ等から「7つの海を支配した国」と呼ばれたイギリスも、第二次世界大戦では弱さが目立ち始め、大戦後は植民地だったアジア・アフリカ諸国が独立してヨーロッパの1国に収まっている。EU離脱後の行方も気になるところだ。

イギリスの強さは哲学の強さでもあった。ジョン・ロックやディヴィッド・ヒュームの哲学は伝統的なキリスト教哲学との決別を決定的にした。簡単に言うと、「キリストがこう言ったからこうである」とする教条主義に対し、「人々の頭の中の観念連合」に着目し、教条主義の観念連合よりも「議会で話し合う(観念連合を練る)民主主義政治の方が王政(観念連合を練らない)よりも良い」、「競争して(観念連合を練って)サービスを向上させる市場経済の方が良い」、「実験して仮説を検証する(観念連合を確かにする)科学の方が良い」ことを打ち立てた。以後、世界は近代化に進み、イギリスはその先頭を走った。

「ものの見方について」という本の著者・笠信太郎氏によると、そもそもイギリスは「霧のロンドン」と言われるように雨が多く、曇り空の下で彩り豊かなガーデニングに勤しみ、霧の中で対象が何なのか知覚しようとした。そのため、イギリス人は物を多面的に見ようと努めた。

一方のドイツ人は、雨こそ多くないものの、「ドイツの森」と言われるように深い森林地帯があり、森の奥の本質を重要視した。そこからコッホのように病気の原因である細菌を突き止めてきた。イギリス哲学は対象を多面的に見て単純観念をつくり、そこから複合観念へつなげる流れに対し、ドイツ哲学は対象をまっすぐ直視して裏側にある真実を見極めようとし、カントの「物自体」やヘーゲルの「ガイスト」などが出てきた。

フランスは「割り切る」と書かれてあり、いちおう私なりに解説すると、17世紀に「近代哲学の父」と呼ばれ出てきたデカルトの「精神と物質」の二元論、フランス革命の思想的柱になったルソーの「若い男は年上の女性と結婚してやがて離婚し、老いると若い女性と結婚してやがて離婚すればよい」という合理性?がいかにもフランス的である。

フランスはイギリスに比べるとあまり考えずさっぱりと感覚的と言え、さらにイタリアはもっと感性的と言える。ゆえにフランスもイタリアもファッション系の有名ブランドが多い。

戦争になると、このあまり考えないところが災いし、フランスもイタリアもよく考えるイギリスに敗れる。ワーテルローの会戦で連合軍を率いるウェリントンがフランスのナポレオンに挑んだ理由はプロシア(ドイツ)が合流するだろうからであり、ナポレオンが連合軍に応じた理由もプロシアが参戦しないと見込んだからである。そこで早朝から決戦しようとしたものの、大雨による泥地で大砲を動かすことができないため地面が乾く昼まで待ってしまい、結果夕方のプロシアの合流が間に合いイギリスが勝利した。

ところが、第二次世界大戦ではドイツや日本がイギリス軍を各地で破る。ドイツのロンメルは戦車部隊による電撃戦でフランスを降伏させ、エジプトでも神出鬼没に敵の裏側へ回り込む戦法でイギリス軍を翻弄した。イギリスの首相チャーチルは、「ロンメル! ロンメル! ロンメル!」と何度も連呼して悔しがりそして感動した。日本も山下奉文(ともゆき)率いる自転車部隊が「マレー電撃戦」と呼ばれる素早さでマレー半島を縦断してシンガポールを陥落させ、イギリスのパーシヴァル将軍に対し「イエスか、ノーか」と有名なセリフで迫り破った。世界史における有色人種台頭の歴史的転換点だった。

これらを見ると、イギリスはよく考えようとするあまり、ドイツや日本の速度に弱かったとまとめられる。そして現代も、EUにおける移民問題から、いったん立ち止まってよく考えようという方向が勝り、EUを離脱したと思われる。

さて、第二次世界大戦後半になるとドイツや日本の速度は補給の失敗から弱まり、圧倒的な工業力を持つアメリカに敗れた。世界は米ソ冷戦時代に入ったが、これは英米系哲学とマルクス・レーニン哲学の対立とも言えた。マルクスの弁証法がヘーゲルの弁証法を参考にしているため、これは英独哲学の対立と言ってもよい。

そして1989年、ベルリンの壁が崩れ、世界史はいちおう英米系哲学が勝ったことになった。

しかしながら、新自由主義に対する反発は多く、本家のアメリカでもTPPから離脱したように英米系哲学一辺倒でも偏りがあることは明らかと言える。

いまだ世界は模索中。応仁の乱や第一次世界大戦のような展望のない泥沼な戦争に陥ることは良くないが、北朝鮮やイスラム国のような前近代的な地域を放置することも良くない。

つまりは哲学と戦争の何たるかを見つめ直すべき時と言いたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中